自力 二重 やり方

自力での二重のやり方

自力で二重にするやり方は
いくつか方法があります。

 

 

 

まぶたが一重か二重かは
遺伝の関係が強いといわれています。

 

 

まぶたに脂肪がつきやすい、
むくみやすくまぶたに折り目ができないという体質を
遺伝しちゃうってことなのですね。

 

 

 

ですから、
脂肪とむくみをとってあげると、
まぶたに折り目ができやすい
ということになるのです。

 

 

1.ばんそうこう

 

粘着部分を細く切って
なりたい二重幅に貼っていく方法です。

 

ばんそうこうは、目立ちにくいので
使い続けていることで
二重の折り目ができたという方も多いんですよ。

 

 

 

2.爪楊枝

 

爪楊枝で線を作っていく方法です。

 

家に爪楊枝があるという家庭も多く、
ほとんどお金をかけずに二重の線を作っていく
自力で二重のやり方としてはメジャーな方法です。

 

 

 

3.マッサージ

 

まぶたのマッサージをすることで、
浮腫みが解消されて
二重の折り目ができやすくなるという方法です。

 

自力で二重を作りたい方には、
まぶたのマッサージは欠かせませんよ。

 

 

実は、爪楊枝、マッサージの方法と
単独で行ってもあまり効果は得られません。

 

 

アイプチ、アイテープを併用して
少しずつ二重のクセ付けをしていくやり方と
併用すると効果が出やすいと言われていますよ。

 

 

こちらの方の

 

>>>自力で二重まぶたになった体験談

 

 

も参考にどうぞ。

自力での二重になるコツ

自力で二重にするやり方を実践していても
なかなか二重にならない。

 

そんな方のために
自力で二重にする方法のコツをご紹介します。

 

 

1.マッサージを必ずする!

 

一重まぶたの方は、
まぶたがむくみやすいという特徴があります。

 

むくみを解消するためには、
まぶたのマッサージをしてあげるといいのです。

 

むくみが解消されてくると、
まぶたの折り目(二重)ができやすくなってくる
と言われていますよ。

 

 

 

2.エクササイズも大事!

 

目の周りの筋肉を鍛えてあげましょう。

 

目の周りの筋肉が弱い場合も、
二重の折り目が定着しにくくなります。

 

 

エクササイズでまぶたの脂肪も少なくなるので、
より二重になりやすくなります。

 

 

アイプチ、アイテープなどの二重グッズを使っても
なかなか二重にならない場合は
まぶたのむくみと、脂肪の量が関係している

 

といわれています。

 

 

 

コツとして紹介したマッサージや
エクササイズを毎日やっていると
むくみや脂肪が解消されていくので
自力で二重にしやすくなります。

 

 

 

コツといっても簡単な方法なので、
是非試してみてくださいね。

 

 

>>>自力で二重にならない?